オフィスマツザキ

トップページ
 
プロフィール
 
事業概要

コンサル商品

・「だんとつサービス運動」
・雇用を生み出す社内企業家
・脱「どんぶり経営」のすすめ
・商店街に賑わいを取り戻す
活動実績
 
お店の健康診断
毎月更新の連載コラムです
ご連絡フォーム
 
リンク
メールはこちらから

 

横巻き: 1店逸品運動の考え方と進め方
〜 商店街に賑わいを呼び戻す新しい方向性 〜
 

 

 

 


1 「1店逸品運動」のねらい

   変化するお客様のニーズを喚起するような特徴ある商品・サービスを提供し
   他街(店)との差別的な優位性を確立することにより、これから10年生き残る
   ための「販売戦略」のひとつとして展開する

 2 「1店逸品運動」の考え方は3つ

 @ なんといっても商品が一番、特徴ある商品
     商品自体で考える
  A 提供方法、サービスに特徴がある
  
  どのような方法があるかで考える
  B
@+A+αで特徴がある
      時代の趨勢を先取りするような切り口で考える 

3 「1店逸品運動」の進め方

 ❏ ビジネスに対する基本的な考え方の再構築
 ❏ 10年後の目標を明確にする
 ❏ 基本的な経営戦略を確立する
 ❏ 自店の強みを再確認する

 ❏ 対象市場を明確にする
               ☞ 
お客様の生き様を知る
                            ☞ 
「だれに」
 ❏ お客様の生き様に必用な商品・サービスを考える      ☞ 「1店逸品」
                           ☞ 
「なにを」
  ❏ お客様 の生き様に合わせた便利な方法で提供する
                          ☞ 
「どのように」 

4 良いアイディアを生む発想のポイント

❏ 常にお客様の立場で考える
     ☞ 
「なぜ売れないのか」でなく「なぜ買いたくならないのか」
   ❏ 安全・安心、便利、楽しい、公平、迅速、環境、快適、遊び心
     ☞ 
これからのキーワード
  ❏ 常識を外す 
     ☞ 
「業界常識なんてありません」
  ❏ お客様の一言に必ずヒントがある
     ☞ 
本音
  ❏ 常になんにでも好奇心を持つ
  ❏ 「できない理由を考えない」「どうしたらできるかを考える」
  ❏ 新しいことは自分でやってみる
     ☞ 
やってみないで評価しない
  ❏ わからないことは誰にでも聞いてみる
  ❏ 思いついたらすぐにメモを残す
    ☞
 ティッシュの空箱に入れる
  ❏ 1人で考えない
    ☞ 
商店街の底力
  ❏ 他人のアイディアに悪乗りする
 ❏ 面白いと思ったら必ずトライしてみる  

5 とにかくなんでもやってみること

 ❏ 各店でとにかく逸品をつくってみる
 ❏ それをお客様に提供してみる
 ❏ お客様の反応を聞く
 ❏ お客様の意見を反映する
 ❏ さらに改善して実施してみる
 ❏ 良かったら定番とする
 ❏ 商店街としてメニューをつくる

前に戻る] 


オフィスマツザキ
代表 松崎 香澄
千葉県柏市松葉町5-5-7-301
TEL. 04-7133-9310



上記商品の詳細については、メールにてお問い合わせ下さい。

メールはこちらまで
e-mail:VZA01572@nifty.com